• 墓地に関する基礎知識
  • 墓地に関するお役立ち情報
  • 宝塚エリアで探す
  • 宝塚にある墓地

伊丹

人気ランキングはこちら≫≫≫


・お墓参りをするお盆とは何か
旧暦の7月15日を軸にして行われるのがお盆です。
先祖の供養を中心に行われていますが、仏教用語からきた言葉とも言われています。
先祖と向き合う特別な行事として日本人に知られていますが、長い年月を経過して地域の特徴や宗教の影響を受けて徐々に変化しています。
お盆の時期も各地で異なっており、7月に行われていれば8月の中旬に行っている地域もあります。
よくことわざで盆と正月が一緒に来たようといいますが、一大イベントとして地方では大々的に供養を行っていることもあります。

・お盆をどうやって過ごすか
よく8月の中旬にお盆としてお墓参りをするケースがありますが、13日から15日または16日までを一定の期間として捉えていきます。
まず13日に迎え盆としてお墓参りをして、先祖の霊を自宅の仏壇に納めていきます。
先祖をお迎えした後は15日に先祖供養を行ってその日か16日に送り火をして送り盆を行い、再度お墓参りを行います。
精霊柵というものを用いて先祖の供養を行いますが、きゅうりやナスを使って馬や牛を型どったり、独自のお経を読んで供養していくことになります。
そして亡くなった人が1年以内にいる時には新盆となります。
これは新棚という新盆仕様に精霊棚をセッティングすることになりますので注意をしないといけませんし、新仏の霊や先祖の霊が混在することになりますが、近年お祀りを行う場所を変えるなど工夫するケースも出てきています。

・伊丹の墓地について
大阪国際空港の敷地もある、大阪や神戸の衛星都市となっているのが伊丹です。
伊丹はベッドタウンの一つとされており、人口も増え現在は20万人を超えています。
そんな伊丹周辺にはいくつか寺院墓地や公営霊園があります。
寺院墓地は伊丹市の中心部に位置しており、永代使用料は500万円となっています。
中心部になっているので訪れやすいという点がありますが費用がかかるため、他の地域の墓地も選択肢に入れておくと迷うことがないでしょう。

ランキング

ストーンプラザ モリシタ
(大阪・和歌山・兵庫・奈良に墓地を展開しています)

墓地について

ストーンプラザ モリシタは大阪・和歌山・兵庫・奈良に墓地・霊園を展開しています。跡継ぎの方がいなくても大丈夫な永代供養制度のある霊園も紹介してくれますので安心です。

ココがポイント!!
  • 安心の永代供養制度!!
  • 宗派などの心配はいりません!!
  • 追加料金一切なし!!

ハピネスパーク

墓地について

ハピネスパークは安らぎを感じさせる墓地として有名に!またバリアフリー設計を行っているので急な段差はありませんし、ウッドデッキカフェテラスも建設していますからお墓参りを済ませた後はこちらを利用して休息することも可能です。

大阪メモリアルパーク

墓地について

メモリアルパークでは自然の景観を生かしたアイデアがふんだんに使用されているのが特徴で、季節ごとに咲く花を揃える事により霊園全体の雰囲気が変わったり、海が見える丘という利点を利用して休憩所を設置したり、公園のように水が流れる中央階段を用意するなど来園した人の心をしっかり掴んでくれる安らぎの霊園です。